転職で重要なのが情報収集

 45歳から50歳で転職をする際に重要になってくるのが、情報収集です。求人を探すことはもちろんですが、どのような募集要項なのかきちんと確認します。募集要項を確認すると、必要な資格や実務経験の有り無し、年齢条件などさまざまなことが確認できます。
しかし、それ以上の詳しい情報を知ることができれば、転職をするべきかどうか、はっきりしたことがわかります。実際のところ企業に入社して働いてみないと詳しい職場環境はわからないものです。企業の内部事情を知る方法として、人材紹介会社に登録して紹介できる企業であれば、内部の情報を知ることができます。

<参考>
50代の転職をサポート
50歳からの転職事情や転職活動の方法

 人材紹介会社は多くの人材を企業に紹介してきた経験から、紹介して入社した人の情報を聞いている可能性があります。給料やボーナスの状況のほか、社員の情報などを聞ける場合があります。中途採用の募集要項には、明確な給料が記述されていない場合があります。そのような場合に、直接企業に問い合わすのも正直聞きづらいものです。

 そのような場合には、人材紹介会社の担当者に内部事情を聞くと有益な情報を得られる場合があります。人材紹介会社は非公開の求人を紹介してくれる場合もあります。非公開であれば申し込みする人も少なくライバルも少なくなります。

web analytics