入社する日程を考えて転職準備を進める

入社する時期によっては損をする

 入社することを考えた時、給料を受け取れる金額によっては損をする場合があります。入社すると社会保険等の適応が行われるようになり、徴収されていくことになります。この徴収される日程が入社時期によって異なるので、損をするような方法ではいい転職にならないことがあります。折角給料が増えたのに、取られるものが最初から適応されてしまうのは困りものです。

 入社時期を少しずらすことが重要であり、給料の締切日を過ぎてから働くようにするといいことがあります。これによって最初から最大限の給料が手に入るようになり、貰えるものはそれだけ増えていくことになります。締め切り直前に入社というのが一番きつい状態と考えてください。

あえて入社時期を自分で決める

 入社する日程は自分で決めることもできますので、転職のタイミングを考えつつ、準備を進めることが大切になります。転職する企業側への相談は勿論ですが、この時期にお願いしたいことを伝えておくと、転職が有利に進められる場合もあります。なるべく自分がいいように進めていかないと、色々な部分で損をすることになります。また前の会社に迷惑をかけてしまい、中途半端な状態で転職することが起こる可能性もあります。なるべくこうした事情を考えて、転職時期を検討してください。

web analytics